癒しの小さなお家


お知らせ

 

 

 雪解け 5月ゴールデンウィーク明け 2018年オープン予定

 


 

Blabla maman          (ブラブラママン)
体験型ワークショップです。
カラーセラピストさんになりたい方募集中!
カラーを通じて、自分。家族。友人。誰かのため。
日々、何かの視点変更で穏やかに過ごせるヒントが沢山あります。
仕事として結びつけるのも良し。
自分には自信になるような力なんて無いって思っている方こそ、ご相談ください。
私は、学校の勉強は嫌い、教科書が眠り薬(笑)
運動と家庭科、音楽大好きでした。
そんな私ですが、カラーの力に引き寄せられて、学び、古くからの人としての知恵、カラーという世界共通の力。
日々楽しく学んでいます。そして、少し先に学んだことを、伝達しています。
その他。
作りものが大好きな私が、ちびちび作ってきた物を、お店で楽しく作れるように準備をしている感じです。

 

作ったり、食べたり、笑ったり(笑)、考えたり、思い出したり、爆笑したり(笑)
その一瞬、楽しんでもらえたらいいなと思っています。
先日、テレビから流れてきた言葉が耳に止まりました。
「家は、悩み事から解放される避難場所であるべきだわ」
あーーーいいね。そんなお店に出来るといいな。書き留めておこう(笑)
小さな隠れ家ですので、ゆっくり探してお越し下さい。

Blabla maman ぶらぶらままん
お店の名前は、「おしゃべりまま」という意味と信じて付けました。
フランス語らしいですけど。
ぶらぶら来てほしい。沢山おしゃべりしてほしい。
という願いです*..。.(*^^*).。:*
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
38歳の時に、終身(80歳)を計算して後悔しない人生を歩くと決めました。
98%の反対を受けて、旦那様に捨てられる恐怖と戦いながら(笑)
決断したのは、長男9歳 次男5歳でした。子供たちだけ賛成の2%。
小さくて、意味が分からなかった子供を味方に、突き進む日々を選び現在に至ります。
準備から10年。(心の中での準備を足すと、28年)
開店してから お蔭様で7年目。
開業予算は0でした(笑) 
準備していたのは、10年の営業職。
そして勇気と希望、未来の勝手な妄想。
ってのを担保に、ゆるぎない心を持って。

新創業融資制度の勉強から始まり、センターの人には、門前払い状態(笑)
が、どこがどうなのか、何度も開業計画書を持ち込み、一歩一歩学び。時には心折れながら。
で、何度も通うと、センターの係りの人が心折れ(笑)
 味方になり、銀行OBって事でもアドバイスをもらい、何度も何度も通いました。
結局、あれこれ乗り越えなければならない事案を一つ一つ解決し、進んできた10年です。
・・・48歳・・・・・・今年の8月で49歳・・・生きてることに感謝(笑)
この話は長く続きますのでこのへんで。
ご興味ありましたら、ブログはこちら 
日常のつぶやきです。仕事の内容は少ないかな。
 
私の仕事に対する、意気込みのご質問などは(笑)
こちらまでご連絡ください。お待ちしております。

ブログはじめて、8年・・・ん?
2009年8月より開始していますので、ご覧ください。
昨年までは、カフェでしたが、1000人様と出会えてから、今年は、勝手に転機と考えて、
今年からは、体験型のワークショップで活動することにしましたので、
どうぞよろしくお願いします。
遊び心満載をご用意してお待ちしております。
 
 
 
営業時間    AM   11:00  〜  PM   15:00  
ドリンク&お食事付き
2名以上より予約可能
不定休  完全予約制   mmktr1714@ezweb.ne.jp
携帯   090-1381-7811      ごとう
1人作業なので、電話に出られない場合もありますが、よろしくお願いします。
LINE予約はこちらからお願いします。
ID     blablamaman-mmktr
〒006-0035
札幌市手稲区稲穂5条丁目1-25
札幌方面からお越しの方へ
国道から手稲山スキー場の入口を左に曲がり、1本目の信号を右に曲がります。ずーーーと走りますと、セイコーマートが左にあります。そこを左に曲がります。そして、山に登ってくると、高速の下をくぐるトンネルがありますので、トンネルくぐってからすぐを右に曲がります。山を登ると左に稲雲高校があり、右側の下っている道の方に行きます。そして、左手にピンクのあんじゅ介護センターが見えてきますので(この辺りは天気がいいと綺麗な景色です。)そのあんじゅ介護センターの手前を左の山側に行きます。1本目の道を右に曲がると、すぐ左に小さな公園があります。そこから、小樽に向って真っ直ぐいくと、ガードレールが見えてきますので、そのガードレールの手前を右に曲がります。砂利道になっているのと、すぐ右に曲がる道なので、かなり怪しい感じですが、そこを曲がって頂くと、ぽつりと見えます

たどりつくまでの道も狭く、お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、気をつけてお越しくださいませ。
2018.3.19